家を買うなら25歳からがお得!

家を買うなら25歳からがお得

家の購入は人生における大きな買い物です。
金額も大きいので、いつ買うか、どのようにローンを組めばいいのかなどの問題に頭を悩ませるところです。
住宅購入って何歳から買うのがベストなのでしょう?

月々の負担を考えると返済期間を長く組んだほうが有利です。
住宅購入の平均年齢は30~40代で約8割と言われていますが、例えば25歳で購入すればより返済期間を長く組むことができ、負担が少なくなるのです。

25歳から家を買うメリットをご紹介いたします!

家を買うなら 25 歳からがお得! 若いうちに家を買う7つのメリット

貯金箱
60歳までに完済するとした場合の返済期間を比較的長く組めるため、月々の返済額を抑えることができ、趣味や子育て等の費用を多くできる。
 
家
賃貸に住む期間を短くできるので住宅購入までの無駄な家賃負担が少なく済む。
その分を資産になる持ち家に投入できる。
 
若い女性
収入が少ないうちに買えば、その後の収入の増加で返済が楽になる。
 
家 電卓
収入が少ないうちなら借入可能額が少ないので、借入金額も少なくてすみ金利負担が少なくなる。
 
老人
無理なく返済期間を短く組める可能性も高く、老後資金の準備が楽になる可能性が大きい。
 
電卓 家計簿
定年までに住宅ローンの完済ができるため、定年後の支払いを心配しなくていい。
 
子供
賃貸に比べ近隣との音の問題がなく、持ち家は子育ての環境に適している。

持ち家と賃貸とでは、生活環境に大きな差がでます。その中でも音の問題は大きな違いがありま す。特に賃貸アパートでは「音」の問題が大きな事件になる場合があります。

小さなお子様やわん ぱくな年頃のお子様がいるご家庭では、隣接するお部屋の住人にはかなり気を使うと思います。 その分持ち家は、音についてはそれ程心配することはありません。やっぱりお子様にはのびのび の暮らして欲しいですよね。


番外編! お金についてのメリット

一般的に住宅ローンの借入期間は35年です。
20代で住宅ローンを組めば定年までに住宅ロー ンの完済ができます。支払いが完了すれば大きな財産となり、経済的な安心感にもなり老後にゆとり ある生活が送れます。

例えば20代半ばから30代半ばまでの10年間を家賃等で毎月の賃料が8万円賃貸アパートで暮 らすと、その間のコストは敷金・礼金や更新料等を含めて考えると約1,000万円近くにのぼります。

20代で家を購入することにより、家賃等の負担がなくなる分や住宅ローン控除を受けられるため生涯的に大きな節約につながります。
pagetop